交通事故の被害者が知っておくべきこと

交通事故の被害者は知っておかなければいけません。
怪我の治療はもちろん、いつかくる加害者との損害賠償の話し合いに備えて、自分の怪我・後遺症がどの程度なのかを客観的に立証するための資料なども準備しておく必要があります。
加害者としては、被害者が「痛いし、辛いから、賠償金をたくさん出すべきだ」と言ったからとたくさんの賠償金を支払うということは、普通に考えて考えにくいですよね。